水炊き鍋 居酒屋 さかえや高田馬場總本店 > ブログ > さかえや自慢の焼酎をご紹介!1|黒糖焼酎「朝日」|さかえや高田馬場總本店

ブログ

さかえや自慢の焼酎をご紹介!1|黒糖焼酎「朝日」|さかえや高田馬場總本店

2016.12.30
 

今回ご紹介する焼酎は、黒糖焼酎の「朝日」です。

「朝日」は、鹿児島大島郡喜界島にある「朝日酒造」という蔵元で製造されています。

 

◎焼酎情報

アルコール度数 25、30度の2種類

今回ご紹介する「朝日」は『陽出る國の酒』をテーマにしている、社名を背負った逸品です。

仕込み水には、喜界島特有のサンゴ礁の石灰岩層の地下から沸く、ミネラル分豊富な地下

水を使用して造られています。

主原料の黒糖は、朝日酒造が独自に手塩にかけて育てたサトウキビを、社内で黒糖に製

糖したものを使用するため、安心して飲むことができます。

その黒糖はそのままの風味を活かすために、わざわざ沸騰させずに低温でゆっくりと溶か

して閉じ込めています。

また、黒糖が持つ独特の甘みや香味を十分に引き出すため、常圧で蒸留しているので、香

り豊かで幅のある味を楽しむことができます。

蔵の中で1年以上かけてじっくりと熟成させ、割り水をし、25度、30度に調整して蔵出しされ

ています。

黒糖焼酎が持つ甘みやしっかりとした香味のバランスの良さが感じられる逸品です。

そんな「朝日」ですが、それを作っている会社の朝日酒造は、創業1916年から続く老舗会社

で、昔から丁寧に、かつ丹念に造ってきた会社です。

黒糖焼酎を造る蔵としては、最古の歴史を持ち、そのルーツは初代の泡盛造りにまで遡る

ことができます。

現在では、その伝統を引き継いで、喜界島・沖縄特産の黒糖を使った焼酎造に精を出して

います。

喜界島という一見聞いたことのない島ですが、奄美諸島の北東に位置しており、美しい自

然と美しいサンゴ礁に囲まれている島です。

そんな喜界島の恵まれた水で作られた、良質なサトウキビ・黒糖で造られる焼酎は、海外

のラム酒のような立ち位置で、ジャパニーズ・ラム酒と言っても過言ではないでしょう。

 

 

さかえやでは「朝日」を550円でご用意しております。

穏やかに甘く、黒糖の風味がほんのりと伝わる奄美焼酎の「朝日」を是非ご自分で味わっ

てみてはいかがでしょうか?

さかえや 高田馬場總本店のご案内 | 高田馬場 居酒屋

店名
さかえや 高田馬場總本店
住所
東京都新宿区高田馬場3-4-16 第二双葉ビル1〜2F
電話番号
050-7300-1915
営業時間
月~木・土・日・祝前日
17:00~23:30
(L.O.23:00)


17:00~翌1:00
(L.O.24:30)

ガーデン席
17:00〜22:00(L.O.21:30)
※ガーデン席は、5月のオープンを予定しております。

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
年始(1/1〜3)
アクセス
JR 高田馬場駅 徒歩3分
地下鉄東西線 高田馬場駅 徒歩3分
西武新宿線 高田馬場駅 徒歩3分