水炊き鍋 居酒屋 さかえや高田馬場總本店 > 新着情報 > さかえや 高田馬場總本店、豊富な品揃えの焼酎を紹介します。

新着情報

さかえや 高田馬場總本店、豊富な品揃えの焼酎を紹介します。

2017.02.8
さかえや 高田馬場總本店、豊富な品揃えの焼酎を紹介します。

こんにちは、さかえや 高田馬場總本店のPR担当です。

最近は花粉も飛び始めたようです。春が徐々に近づいてきていると言えるかもしれませんが、それでもまだまだ寒い。そんなときは、さかえや 高田馬場總本店自慢の、温かい水炊きがオススメです。

当店では水炊きに合う、さまざまな種類のお酒を用意しています。その中から、今回のブログでは、豊富な品数を誇る焼酎を紹介していきますね。

まずは、言わずと知れた芋焼酎の定番「冨乃宝山」ほのかに甘く、さっぱりした味わいと華やかな香りが魅力です。

そして、霧島酒造の90余年の永きに渡る伝統の味わい、「黒霧島」ももちろん常備。 黒麹の醸すトロリとしたあまみ、キリッとした後切れが、癖になります。

「西海の薫」は白麹と蔵に隣接する畑の新鮮な芋を使い、良質の地下水を更に磨いて醸造した焼酎。「吉兆宝山」は黒麹仕込みで、しっかりとしたボディ、芋焼酎の王道を更に深めた一本です。「薩摩宝山」はバランスのとれたオーソドックスな芋焼酎。「鬼嫁」は鹿児島の大隅町岩川で地元の清水を使用した焼酎です。黒糖のコクとパンチのある口当たりですが、喉ごしはいいですよ。



「きろく」は黒麹と甕で造った酵母を熟成させたまろやかな風味が魅力。「山ねこ」はジョイホワイトという芋を原料に、自社尾鈴山蒸留所にて手作りした焼酎です。「くじら」はコガネセンガン、白麹、常圧蒸留で芋焼酎のスタンダード。「赤鹿毛」は減圧と常圧の中間で作られた香ばしい麦の香りとやわらかな口当たりがたまりません。



「中々」は、「百年の孤独」で有名な黒木本店の代表銘柄。麦焼酎初心者の方にも最適です。「鳥飼 25°」は香り高い米焼酎の最上級。ロック・ストレートがおすすめです。「朝日」は喜界島産の良質な黒糖を使用しています。風味豊かに仕上げている良酒です。「瑞泉 青龍 30°」は、7年以上の古酒をブレンドした深い味わいの焼酎です。

気になる銘柄はありましたでしょうか。温かい水炊きと味わう焼酎の味は、格別のはず。水割り、お湯割り、ロック、ストレート、お好みの飲み方で、お鍋と一緒にお楽しみください。ただ、飲み過ぎには注意してくださいね。


さかえや 高田馬場總本店
電話番号:050-7300-1915
Twitterはこちら
Facebookはこちら
Google+はこちら
Instagramはこちら

さかえや 高田馬場總本店のご案内 | 高田馬場 居酒屋

店名
さかえや 高田馬場總本店
住所
東京都新宿区高田馬場3-4-16 第二双葉ビル1〜2F
電話番号
050-7300-1915
営業時間
月~木・土・日・祝前日
17:00~23:30
(L.O.23:00)


17:00~翌1:00
(L.O.24:30)

ガーデン席
17:00〜22:00(L.O.21:30)
※ガーデン席は、5月のオープンを予定しております。

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
年始(1/1〜3)
アクセス
JR 高田馬場駅 徒歩3分
地下鉄東西線 高田馬場駅 徒歩3分
西武新宿線 高田馬場駅 徒歩3分